大河原温泉 かもしか荘【温泉奉行所】
 (おおがわらおんせん かもしかそう)


2013年7月20日リニューアルオープンしました。

温泉奉行所滋賀県の温泉>大河原温泉 かもしか荘

2014.7.26再訪

御在所岳の麓、野洲川の源流近くにあるかもしか荘が
最近リニューアルしたということで、
キャンプがてら訪れることにした。

大河原温泉 かもしか荘【温泉奉行所】

カラっと晴れた夏のこの日曜日、
たくさんのお客さんで賑わうかもしか荘の駐車場ではあるが、
それよりも見てください!

以前のくたびれた四角いコンクリート建屋から
瓦葺のシックな建物に変身したじゃぁあ〜りませんか!
周囲に景観に配慮され美しいですね。

変わらないのはココの空気。
しっとりと森の香りを含んだ澄んだ空気は
温泉にも増して私の密かな楽しみのひとつなのだ。

大河原温泉 かもしか荘【温泉奉行所】

近くのキャンプ場でのんびり過ごした後、
すっかり陽も落ち山間の道は外灯などなく一寸先も見えない真っ暗闇。
心細い車のヘッドライト頼りに無事に玄関先まで到着です。

大河原温泉 かもしか荘【温泉奉行所】

入り口には、以前浴場前に鎮座していたカモシカの剥製がお出迎え。
フロントの場所やレストランの位置など間取りは以前と同じなのですが、
見事なまでにフォームが施され今日の疲れを癒せそうだ。


大河原温泉 かもしか荘【温泉奉行所】

券売機で入湯券を購入しフロントへ差し出す。
と同時に脱衣箱のロッカーキーと交換してもらいます。
浴室は以前と同じ左に曲がった突き当たりにあります。

貴重品を収めるロッカーは浴室入り口暖簾の横にあって防犯上いいかもです。
なんだか二階から聞こえる大音量のカラオケが筒抜けでうるさいのが気になるが、
早速、浴室へと向います。


大河原温泉 かもしか荘【温泉奉行所】

以前は露天風呂のみで内湯がなかったが、
リフォーム後は小さいながら内湯が増設され
洗い場も増やされて混み合うことが軽減されている。

湯はラジウムを含む重曹泉ではあるが、
ほんのりわずかなツルスベ感があるのみで特別な浴感は感じられない。
当然ながら加温されろ過循環されたお湯ではあるが
温度は以前に比べ、ぬる目の設定となって子供たちもはしゃいでいます。


大河原温泉 かもしか荘【温泉奉行所】

露天風呂は以前とほぼ同じだろうか?
洗い場は撤去されてなくなり、熱かった湯の温度も幾分下げられ浸かりやすい。
滅菌のための塩素臭は気になるがやはり山の涼風を感じる入浴は至福のひと時である。

塀に囲まれた露天風呂、その向こうには、
野洲川の源流が流れ、その流れる川のせせらぎ音が風流に感じられる。
景色がまったく見えないのは残念ですね。


大河原温泉 かもしか荘【温泉奉行所】

決して広くはないが、畳敷きの休憩スペースが設けられ
湯上り後もマッタリ安らぐこともできるだろう。
食事も自販機もあるから下手なスーパー銭湯よりいいかもしれないな。



かもしか温泉 国民宿舎かもしか荘【温泉奉行所】
(かもしかおんせん こくみんしゅくしゃ かもしかそう)


国の特別天然記念物ニホンカモシカが生息するという
ここ鈴鹿山系には、
そのニホンカモシカにちなんで命名された温泉
『かもしか温泉』があるそうだ。


『かもしか温泉』は、
鈴鹿ドライブウェイ入口近くにある『国民宿舎かもしか荘』にあって、
鈴鹿山系の山間にある結構古びた宿泊施設だ。
宿舎の裏には野洲川の清らかなせせらぎがあって
秘境感も感じられる。

かもしか温泉 国民宿舎かもしか荘【温泉奉行所】

ここは宿泊施設ではあるが、
日帰り入浴も積極的に受け入れていて、
入湯料金も安く大人400円で温泉が楽しめる。

入口の券売機で入湯券を購入してフロントへ渡す。
タオルは付いていないので持参しましょう。

かもしか温泉 国民宿舎かもしか荘【温泉奉行所】

浴室は2ヵ所あって、
温泉使用の露天風呂と白湯使用の内湯があるが、
両者は個別の離れた浴室となっているため裸では移動できない。

かもしか温泉 国民宿舎かもしか荘【温泉奉行所】

宿泊客は内湯・露天風呂での入浴ができるが、
日帰り入浴客は露天風呂のみ利用ということで
施設左端にある浴室へと進む。

かもしか温泉 国民宿舎かもしか荘【温泉奉行所】

円形の休憩所には、
ニホンカモシカの剥製が飾られています。
シカとヤギの中間的のような生き物ですが、
毛皮目的の乱獲で絶滅寸前にまでなったそうだが、
現在は10万頭ほど生息しているという。

かもしか温泉 国民宿舎かもしか荘【温泉奉行所】

脱衣場はちょっと小さめで
100円リターン式ロッカーの設置はあるが、
半数ほどのロッカーはカギが破損していて使えないので、
貴重品の持ち込みは注意が必要です。

かもしか温泉 国民宿舎かもしか荘【温泉奉行所】

外に出ると野洲川沿いに配置された露天風呂で
塀の向こうは川のせせらぎと森林が広がっていて、
とても静かで自然豊かな温泉地だ。

かもしか温泉 国民宿舎かもしか荘【温泉奉行所】

岩組みされた小振りの湯舟には実測41.9度のお湯が張られているが、
しっかりと加温循環ろ過され、
消毒のための塩素の臭いが漂っている。

ほぼ無色透明のお湯からは、
若干とろみを感じる重曹泉で
わずかにツルツル感も味わうことができる。
長湯をしても手の指はシワシワにならなかったのはいいかもしれない。

時折、露天風呂を囲う建仁寺垣の裏側からは
湯を沸かしているボイラーの動作音が聞こえるのが若干気になるが、
山深い自然ときれいな空気を堪能しながら、
ゆっくり温泉に浸かれることができたのは良かった。

かもしか温泉 国民宿舎かもしか荘【温泉奉行所】

なお、カランの数は2ヶ所ととても少なく、
体を洗う場合は順番待ちしなくてはいけなかった。
10年前に訪れたが時から同じ状態で
改善されていないのはいかがなものか?

かもしか温泉 国民宿舎かもしか荘【温泉奉行所】

評価について、
周辺環境は静で秘境感もありとても良いのですが、
温泉は重曹泉をわずかに感じられるツルスベの湯。
循環加温式で塩素も多く添加されてはいるが、
湯上り後の肌はツルツル感が継続していて気持ち良かった。



甲賀市周辺でお泊りをお考えの方へ。
ご予約は宿へ直接するよりも↓じゃらんや楽天トラベルを介して予約する方が

じゃらん激安旅行の検索です。 
↑お安くできますよ。
空室状況もWeb上で瞬時にわかる優れもの。
おためしあれ。


温泉の場所 かもしか温泉 国民宿舎かもしか荘の地図
かもしか温泉 国民宿舎かもしか荘の地図


コメント 山深く静かで秘境感ある温泉。
温泉の泉質

源泉名:大河原温泉
ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉・ラジウム温泉(低張性アルカリ性冷鉱泉)/源泉温度 15.7℃

適応性 美肌作用、神経痛、胃炎、痛風、胆石、動脈硬化など
営業時間
新:11:00〜22:00(受付21:30まで)
旧:営業時間午前10時から午後9時(20時30分受付終了)
※毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は火曜日)は午後5時〜午後9時までとなります。
料金
新料金:大人(12才以上)500円、12才未満 250円、65才以上 400円
旧料金:大人400円子供200円
入浴施設
露天風呂男女各1、内湯1、サウナあり
備品等 ボディソープ、リンスインシャンプー、ドライヤー

連絡先

〒528-0201
滋賀県甲賀市土山町大河原1104
TEL(0748)69-0344
アクセス 電車:JR草津線貴生川駅からあいくるバス 大河原行き(約60分)、若宮神社下車→宿舎(徒歩で3分)
車 :新名神高速道土山IC→国道1号線経由15km
お気に入り度
塩素消毒臭度  012345
公式HP 大河原温泉 かもしか荘のHP
温泉情報
入湯日付 2014年7月26日再訪
2014年1月4日情報修正
2009年5月23日再訪
1999年月日(宿泊)


滋賀県の温泉へ戻る


  Copyright (c)2008-2014 温泉奉行所 All Rights Reserved.