(なんようおんせん)



温泉奉行所北海道の温泉>南湯温泉

運河のきれいな港町で有名な小樽市は
その運河を見学する観光客でいつも賑わっています。
そんな小樽市内には14箇所の温泉施設が点在するが、
その中のひとつ『南湯温泉』を訪れた。


南湯温泉【温泉奉行所】

近代的な外観を持つ南湯温泉は、
意外にもその歴史は古く大正9年創業の銭湯で、
小樽中心部から南部に位置するのでこの名が付いたそうだ。

平成元年に新築された温泉銭湯なので
古さや温泉情緒は感じられないが、
万人が喜ぶ比較的きれいな外観です。

南湯温泉【温泉奉行所】

浴室は大きなガラス張りで天井までの高さが高く、
明るい浴室は開放感あります。
ほかにも電気風呂や遠赤外線サウナもある充実した温泉銭湯です。

南湯温泉【温泉奉行所】

浴感として、
アルカリ性のやわらかいお湯とほのかな鉱物の香りに包まれ気持ちよく、
お湯はわずかにうぐいす色で目からも温泉を楽しめます。

残念ながら循環ろ過されおり、
お湯からは滅菌のための塩素系消毒臭も感じられる。
泉質的にはかなりレベルの高いの温泉ではないかと思います。

南湯温泉【温泉奉行所】

源泉は地下1000mから50℃の湯をポンプで揚湯し、
大型貯湯タンクで温度調整してから湯船へと供給しているそうだ。

2007年北海道旅行もこれが最後の温泉となりました。
なんだかとっても寂しい気分になりましたが、
北海道の自然タップリ雄大な地にある温泉によって
かなり疲弊しきった身体は蘇り
都会での迫り来るストレス社会を乗り越えられる身体になりました。

ありがとう北海道。
ありがとう北海道のみなさま。
ありがとう北海道の温泉。


小樽周辺で宿をお探しの方、
宿に直接予約するよりもじゃらんや楽天を介してする方が
お安く泊まれることが多いですよ。↓
じゃらん激安旅行の検索です。
↑空室確認もWeb上で瞬時にわかるすぐれもの
一度お試しあれm(_ _)m


温泉の場所 南湯温泉の地図【温泉奉行所】
南湯温泉の地図【温泉奉行所】


 泉質  ナトリウム硝酸塩炭酸水素塩泉(弱アルカリ低張性高温泉)/源泉温度50℃
 適応性  神経痛、筋肉痛、関節痛など
 営業時間  13:00〜23:00
(日曜日は07:00〜10:00も営業)
月曜日定休日
 入湯料金  銭湯料金
 入浴施設  内湯男女各1、遠赤外線サウナ、電気風呂
 備品等  ドライヤー1回20円、洗面器あり、シャンプーなどなし
 連絡先  北海道小樽市入船4−11−1
 TEL:0134−22−0588
 駐車場  数台あり(無料)
 アクセス 電車:JR函館本線「南小樽駅」下車 徒歩15分
お車:札樽自動車道「小樽IC」から 1.9km
 塩素消毒臭度  012345
 温泉情報  
 入湯日付  2007年8月31日(金)
 お気に入り度  


 北海道の温泉へ戻る  温泉奉行所トップへ


Copyright (c)2008-2014 温泉奉行所 All Rights Reserved.