渋温泉 八番湯【温泉奉行所】
(しぶおんせん はちばんゆ)


温泉奉行所長野県の温泉>渋温泉 八番湯

2021年3月『吹割の滝を目指して温泉巡りツアー』出発です。
本日スタートの初日、目指すは長野県の有名温泉地『渋温泉』。
開湯伝説によると、約1300年前に行基が発見されたという歴史ある温泉地。

戦国時代には武田信玄の隠し湯のひとつであったとされ、
武田信玄の寄進によって温泉寺が開かれました。
川中島の戦いの折には傷ついた兵士を療養させた場所でもあるそうだ。

温泉旅館が星の数ほどあって宿を決めるにもひと苦労でしたが…、
宿泊する旅館や目的地を概略定めて、
温泉珍道中始まり始まり~。

一泊目の宿を渋温泉『松屋』に定めて、
先ずは渋温泉外湯めぐり全九湯制覇を目指します。
宿に荷物を置き去りに、旅館備え付け浴衣に着替えて温泉街へ繰り出します。

渋温泉 八番湯【温泉奉行所】

まず最初に飛び込んだのは、
松屋さん目前にある『八番湯 神明滝の湯』その昔、
神明山から湧き出す湯を打たせ湯にしていたから神明滝の湯と命名されたとか。

渋温泉 八番湯【温泉奉行所】

宿から借りた鍵を回しながらドアを開ければそこは小さな脱衣場だ。
地元の方の共同浴場を貸して頂いているという気持ちで入泉させてもらいました。
脱衣場から木製引き戸一枚向こうは浴室が広がるシチュエーション。

渋温泉 八番湯【温泉奉行所】

六つの脱衣かごが設置された脱衣場は大変シンプルで、
設備や清掃状況もきれいに維持管理がなされ好感が持てます。
準備を整え渋温泉へ初入湯です。

渋温泉 八番湯【温泉奉行所】

壁際に小さな長方形の木製湯船がひとつ、
湯船の縁から湯がサワサワと溢れ流れています。
湯気と共に鉱物の香りや鉄の香りが辺りを包み込みます。

渋温泉 八番湯【温泉奉行所】

さてと、かけ湯しようと手を湯船に入れた瞬間、『あっついやん』
そうです激アツ温泉ここにあり。
手元の温度計で測定してみれば驚愕の52度超え。

渋温泉 八番湯【温泉奉行所】

すぐさま水の蛇口を捻って加水しまくりです。
冷めるのを待っている間はお湯をテイスティング。
わずかに濁りを感じる湯は若干の塩味、鉄味、軟らかさを感じます。

加水し始めてから3分位が経過したでしょうか、
やっと45度弱となったのでゆるりと湯船へ浸かります。
だが、入れるのは加水蛇口の下のみ、周囲四方は激アツだ。

薄茶の湯の華も確認できる湯船は、熱さを除けば柔らかい浴感である。
管理人のいない共同浴場では、源泉温度の熱い湯が常に注がれ、
湯船が昇温するのは仕方ないが、ちと熱すぎやしませんか??

渋温泉初入湯は激熱湯船の洗礼を受けて若干のぼせ気味。
なんとか無事に入湯を終えしばしの休息後、
次に向かったのは『七番湯七繰の湯』です。

渋温泉で宿をお探しの方、
宿に直接予約するよりもじゃらんnet楽天トラベルを介してする方が
お安く泊まれることが多いですよ。↓
じゃらんnet 楽天トラベル
↑空室確認もWeb上で瞬時にわかるすぐれもの
一度お試しあれm(_ _)m


温泉の場所 渋温泉 八番湯の地図【温泉奉行所】
渋温泉 八番湯の地図【温泉奉行所】

コメント 小さな外湯浴舎には激熱の湯船でパンチのある湯がかけ流し。
温泉の泉質

源泉名:神明滝の湯(渋温泉総合源泉と寺の湯の混合泉/泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉(低張性‐中性‐高温泉)/源泉温度58.7度/pH6.0/湧出量10リットル毎分/成分総計1234mg毎kg

適応性 婦人病
営業時間
渋温泉宿泊者限定
入浴時間/8時から22時
料金
無料(渋温泉宿泊者限定)
割引情報
入浴施設
男女別内湯各1
備品等

連絡先

〒381-0401
長野県下高井郡山ノ内町平穏2230
渋温泉旅館組合
TEL.0269-33-2921
アクセス 電車:JR長野駅から「長野電鉄」湯田中行き特急約50分、湯田中駅終点下車。湯田中駅より:タクシー5分。
車:信州中野ICから車で20分
駐車場 渋温泉有料大駐車場利用
お気に入り度
塩素消毒臭度  012345(かけ流し)
公式HP 渋温泉旅館公式HP
温泉情報
入湯日付 2021年3月16日(火)曇り


長野県の温泉へ戻る 温泉奉行所トップへ


Copyright (c)2008-2021 温泉奉行所 All Rights Reserved.