ここでは温泉に関する歴史資料をご紹介するページです。
温泉奉行所
温泉資料館
オール電化のススメ 温泉奉行所 自己紹介 サイトについて リンク


大分県 別府市
鶴見地獄
(つるみじごく)


大分県別府市にある地獄めぐりは
8ヶ所の『地獄』を巡る有名な観光名勝であるが、
戦前にはその8つの地獄以外にもたくさんの地獄が存在していたという。


その内のひとつ鶴見地獄は今でも現存する地獄だが、
終戦後、土地所有者が変わったりして寂れてしまった地獄だそうだ。
地獄が寂れるって不思議な感じがする。

鶴見地獄 【温泉資料館】

この絵葉書が発行された昭和初期頃は、
血の池地獄や海地獄などと並んで有名な地獄のひとつらしく、
往時はすごい観光客で賑わっていたそうな。

鶴見地獄 【温泉資料館】

現在は霊泉寺というお寺の境内の一角で
「鶴見地獄」が見学できる。
そんな静かな場所でゆっくりと地獄を拝見してみたいものだ。

今の鶴見地獄の動画を
youtubeで見つけたのでアップしてみました。
ゆっくりご覧下さい。


昭和36年当時の地獄めぐりの動画です。
鶴見地獄もありますよ。


2013.4.27追記
過去に大変な賑わいを見せていた鶴見地獄は現在、
お寺の裏で静かに湯けむりを吹上ているという。

実際に行って調査すべきところでありますが、
温泉奉行所に一通の飛脚便が届きました。
現代のメールは画像までもが添付できとても便利です。

井尾太一氏ご提供の現在の鶴見地獄の画像をここにご紹介します。

鶴見地獄 【温泉資料館】
(井尾太一氏撮影・提供)

霊泉寺の裏にあるという地獄の案内板はご覧のように朽ち果て
人々の記憶からも消えうせようとしているのか?
背景に見えるきれいなマンションとは対照的である。

鶴見地獄 【温泉資料館】
(井尾太一氏撮影・提供)

今でも湯気を昇らせた地獄の池が平成の現在も健在です。
山手に見える赤い鳥居も意味深で画像を見ているだけでも
探究心がそそられる一枚ですね。

鶴見地獄 【温泉資料館】
(井尾太一氏撮影・提供)

見て下さい、この勢いある噴泉地。
このまま放置しているのは本当にもったいない。
私だったら地熱発電所でも建設して
その電気を売って生活してみたい。

『発電所地獄』なるものを作って
クリーンエネルギーをアピールしてみるのも
これからの温泉地には必須ではないかと妄想して楽しみました。

井尾様、画像のご提供ありがとうございました。
この場をお借りして御礼申し上げす。


現在の地獄データ

住所:大分県別府市南立石八幡町3
拝観料:300円




温泉資料館トップへ戻る 温泉奉行所へ

オール電化のススメ/温泉奉行所/自己紹介/サイトについて/リンク
Copyright (c)2008-2013 温泉奉行所 All Rights Reserved.