ヨシャーの温泉【温泉奉行所】
(よしゃーのおんせん)



温泉奉行所山梨県の温泉>ヨシャーの温泉

温泉フリーク諸兄HPサイトには、
増富ラジウム温泉とセットになって紹介されているコチラ『ヨシャーの温泉』
「みずがき湖」というダム湖畔に人知れず
自然湧出する野趣溢れる温泉があるらしい。

増富ラジウム温泉を到着目前にして
私も例外なく寄り道することにした。

ダム湖を周回する道路はゲリラ豪雨の影響を受けて
木の枝、小岩石が子供部屋のおもちゃの様に散らかって
乗用車の行く手を阻みます。

丁度、半周した辺りに小さな東屋が見えてきた。
ここから徒歩で湖畔に向って進みます。

こんな山奥の小さな東屋の下、
真昼間からおじさん達が酒瓶転がし宴会やってます。
すでに酔い潰れた様子で地べたでオネンネしている横を通り抜け
遊歩道沿いを温泉湧出地に向って歩いてゆきます。

ヨシャーの温泉【温泉奉行所】

きれいに整備された源泉湧出地周辺は遠くからも確認できて
探す手間はほとんどかかることなく到着です。

ヨシャーの温泉【温泉奉行所】

湖畔の傾斜地に不精に突き出た一本のパイプから
無色透明でとても冷たい冷鉱泉が
惜しげもなく湧き出し流れてゆきます。

ヨシャーの温泉【温泉奉行所】

一口飲んでみると、
結構な濃度の炭酸とわずかに塩の味が口いっぱいに広がります。
この冷鉱泉、一旦小さなマスに溜められ
その後、みずがき湖へと流れ落ちています。

ヨシャーの温泉【温泉奉行所】

この小さな溜めマスを湯船として利用して
湯浴み?いや水浴びする方も多いようですが、
私は手足を浸けて感覚を楽しんでみました。

ヨシャーの温泉【温泉奉行所】

とっても冷たいこの源泉は実測温度16.3度。
昔、この辺りには藁葺き屋根の材料となるヨシがたくさん生えていたといいます。
『葦原』→『葦野』(よしや)→ヨシャーと名前が変化したのだろうか?

ヨシャーの温泉【温泉奉行所】

最近わが温泉奉行所に導入された放射線測定器の反応はなく、
増富ラジウム温泉との関連性はなさそうです。

ヨシャーの温泉【温泉奉行所】

この源泉が発見さるに至った経緯として、
戦国時代、山奥深いこの地において塩の流通を止められたらしい。
海から取れる塩を止められたため国中を探した結果、
この源泉に塩分を含有していることを発見し採取したということだ。

何時の頃なのか、この辺りに浴舎も存在したというが、
謎の多い温泉なのは確かな様である。

家に帰ってデジカメ画像をチェック。
『ヨシャーの温泉由来について』の画像をよく見ると、
左上に温泉分析表のような張り紙がありますね。
拡大してみると『飲泉はできません』とだけ確認できました。
どちら様か拡大画像の提供をお願いしますm(_ _)m

この辺りで宿をお探しの方、
宿に直接予約するよりもじゃらんや楽天を介してする方が
お安く泊まれることが多いですよ。↓
じゃらん激安旅行の検索です。
↑空室確認もWeb上で瞬時にわかるすぐれもの
一度お試しあれm(_ _)m


温泉の場所 ヨシャーの温泉の地図【温泉奉行所】
ヨシャーの温泉の地図【温泉奉行所】


コメント 人里離れた山奥の湖畔にある源泉地は塩を含有する炭酸泉。冷鉱泉なので暑い夏には入泉可能だが、冬場は修行の場となりそうだ。
温泉の泉質

源泉名:ヨシャーの温泉
泉質:含二酸化炭素−ナトリウム−塩化物泉か? /ラドン(放射線測定器反応なし)/源泉実測温度16.3度/pH6.11

適応性 冷たすぎて風邪引きそう。
営業時間
24時間入り放題
料金
無料
割引情報
入浴施設
小さな溜めマスがひとつ
備品等 特になし

連絡先

山梨県北杜市須玉町
アクセス 車:中央自動車道 須玉I.Cから約30分
駐車場 あり、無料
お気に入り度
塩素消毒臭度  012345完全かけ流し
公式HP
温泉情報
入湯日付 2013年8月7日(水)晴れ



山梨県の温泉へ戻る 温泉奉行所トップへ


Copyright (c)2008-2013 温泉奉行所 All Rights Reserved.