赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂【温泉奉行所】
(あかくらおんせんげんせん かんりごやうらのてんぶろ)



温泉奉行所新潟県の温泉>赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂
 

2021年夏『新潟県妙高山中にある秘湯を求めて』をテーマに
3泊目に向かった温泉地は、新潟県『燕温泉』
コロナデルタ株が猛威を振るうがワクチン二回接種も終えたので作戦決行だ。

2泊目の宿『中房温泉』を存分に堪能したのち、
上信越自動車道を経由して一路『燕温泉』目指して北上します。
googlemapでは2時間15分を要する経路ですが、山並みの景色はとても美しい。

燕温泉 黄金の湯【温泉奉行所】

妙高高原ICで下車し、赤倉温泉、関温泉を経由して
目的の温泉地『燕温泉』へ到着です。
車は温泉街手前にある無料の駐車場へ停めさせていただいて、

燕温泉 黄金の湯【温泉奉行所】

燕温泉は標高1100メートルにある小さな温泉街で、
五軒の温泉宿やおみやげ屋さんから形成され、
日本百名山の『妙高山』登山口として賑わいを見せていた。

燕温泉 黄金の湯【温泉奉行所】

『温泉組合』のバリケードが見えたらその先を左へ進みます。
ちなみに右へ進めば『河原の湯』へ向かうルートになります。
ここからはコンクリ道路で足元は固く急勾配だ。

燕温泉 黄金の湯【温泉奉行所】

お堂へ続く石段で心が折れそうだが、
その先に素晴らしい露天風呂があると信じて昇ります。
日頃の運動不足が足腰に堪えます。

燕温泉 黄金の湯【温泉奉行所】

階段先にある『薬師堂』で秘湯めぐり旅の安全祈願を祈念して、
この先さらに続くコンクリ道をさらに登って行きます。
はじめて歩く行程の長いこと…。

燕温泉 黄金の湯【温泉奉行所】

しばらく坂道を登ると『野天風呂 黄金の湯』の看板が見えてきた。
私の温浴温泉リストには混浴とありましたが、
平成15年頃に男女別浴になったらしい。

燕温泉 黄金の湯【温泉奉行所】

ここは帰り道に入湯することに決め、さらに奥へと進みます。
天には分厚い雲に覆われ妙高山など山並みは見えませんが、
高原の空気は冷たく真夏ではあるがとても涼しく歩きやすい。

赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂【温泉奉行所】


急坂を上り切ったところにあった展望台からは
日本の滝百選『惣滝』が霞んだ霧の中に浮かび上がっている。
少し景色を楽しんでさらに先へと進みます。

赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂【温泉奉行所】

ここからは広いコンクリ道路から右へ反れて
細い山道へと進みます。
案内板は草むらの地面に落ちていて半分朽ちていた。

赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂【温泉奉行所】

下草が刈られたばかりの山道はとても歩きやすく、
見た目に平凡なよくある感じだが、
右側は深い渓谷の崖っぷち。

赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂【温泉奉行所】

崖下は霧で霞んでよく見ないが、
おそらく何十メートルと落ち込んでいるように見えます。
落ちたらアーメン、ただでは済まないので慎重に進みます。

赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂【温泉奉行所】

ビッシリと生えた苔の上に落下した鳥の巣?や
名も分からぬ山野草がひっそり花を咲かせているなど、
山の微笑ましい姿を愛でつつさらに進みます。

赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂【温泉奉行所】

駐車場を出発してから約40分、
イオウの香りが辺りを漂う中、
山道の先に何やら小屋が見えてきた。

赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂【温泉奉行所】

標高はおそらく1400メートル付近、ここが赤倉温泉の源泉地ということで
源泉を整備する管理小屋が建てられて
ここから湧き出す源泉を赤倉温泉まで引き湯しているそうだ。

赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂【温泉奉行所】

管理小屋から右へ伸びている山道を進むとありました。
管理小屋裏野天風呂、仮設の屋根に目隠しのテントが下げられておりますが、
誰でも自由に利用してよいものだろうか不明な点が多い場所。

赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂【温泉奉行所】

湯船は立派な自然石の岩風呂で本格的な造りですが、
残念ながら湯は抜かれ空っぽ状態であります。
近くにあったホースからは源泉が寂しく流されていたのです。

赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂【温泉奉行所】

透明なイオウの香りを放つ湯は、
実測温度56.8度でかけ流されています。
入湯はできませんでしたが、ここは手湯のみで我慢します。

赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂【温泉奉行所】

小休止後リスタート、称明の滝まであと少し、
雨が降りそうな曇天の空のもと、
山道上り坂を足取り軽く進むのでした。

燕温泉 黄金の湯【温泉奉行所】

次は燕温泉『称明滝下の露天風呂』を目指します。

燕温泉周辺で宿をお探しの方、
宿に直接予約するよりも楽天トラベルじゃらんnetを介してする方が
お安く泊まれることが多いですよ。↓

じゃらんnet

燕温泉
燕ハイランドロッジ

↑空室確認もWeb上で瞬時にわかるすぐれもの

一度お試しあれm(_ _)m



温泉の場所 赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂の地図【温泉奉行所】
赤倉温泉源泉 管理小屋裏野天風呂の地図【温泉奉行所】

コメント 赤倉温泉源泉を守る管理小屋裏にある野天風呂は一般の利用はできないのかも?。
温泉の泉質

源泉名:赤倉温泉/泉質:硫酸塩・炭酸水素塩泉/源泉実測温度56.8度/pH/湧出量リットル毎分(自然湧出)/成分総計mg毎kg

適応性
営業時間

料金

割引情報 【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
入浴施設
混浴露天風呂(各1)
備品等

連絡先

妙高高原観光案内所
0255-86-3911
アクセス 電車:JR関山駅から頸南バス燕温泉行きで30分、終点下車、徒歩40分
車:上信越自動車道「妙高高原IC」又は「中郷IC」より車で20分、降車後、徒歩40分
携帯電話
インターネット環境
携帯圏外、Wifiなし
駐車場 燕温泉の無料駐車場(約50台)
お気に入り度
塩素消毒臭度  012345(かけ流し)
公式HP
温泉情報
入湯日付 2021年8月27日(金)曇り


新潟県の温泉へ戻る 温泉奉行所トップへ


Copyright (c)2008-2022 温泉奉行所 All Rights Reserved.