野沢温泉 秋葉の湯【温泉奉行所】
(のざわおんせん あきばのゆ)


温泉奉行所長野県の温泉>野沢温泉 秋葉の湯

2021年3月『吹割の滝を目指して温泉巡りツアー』出発です。
本日ツアーの二日目、目指すは長野県の有名温泉地『野沢温泉』。
この温泉地には外湯がなんと13か所もあるというので早速湯めぐりスタート。

野沢温泉は、奈良時代の僧『行基』によって発見された温泉とされ、
30以上ある源泉は温泉旅館や外湯に利用されたり、
地元住民の洗濯場や野菜を湯がいたりと生活に密着していた。

野沢温泉 秋葉の湯【温泉奉行所】

野沢温泉(中尾)観光案内所で温泉マップと外湯の情報をゲットして、
中尾の湯』を皮切りに四番目に向かった先は…、
野沢温泉マップ片手に外湯ラリー真っ最中!

十王堂の湯』で激アツ硫黄泉の洗礼を受けて次に目指す目的地、
ここから徒歩三分の距離にある『秋葉の湯』
迷路のような路地が四方に伸びる住宅街でプチ迷子。

再度、焔魔堂前にてマップとにらめっこ。
坂道を登ると教会のような建物は
『高野辰之記念 おぼろ月夜の館 斑山文庫』という博物館。

この手前の道を右に曲がって細い路地をさらに登ります。
辺りをキョロキョロ伺いながら歩いているのでかなりの不審な人に見えたのか、
洗濯物を干すお婆さんと目が合ってしまった。

軽く会釈してさらに進むと三叉路、
おっと白いコンクリ造の古びた建物が目の前に。
これだね。

野沢温泉 秋葉の湯【温泉奉行所】

赤いポストが正面にある洋館風浴舎は、
ここが共同浴場とは思われがたき雰囲気を醸し出しております。
窓枠に嵌められた木の板が雪国を連想させてくれる。

野沢温泉 秋葉の湯【温泉奉行所】

入口はひとつ、
中に入ればこじんまりとしたホールのような空間に
男女別の浴室入口がありました。

向かって左が男湯入口で、
飾り気のないブロンズ色したアルミのドアを開けると
そこは脱衣場ですね。

野沢温泉 秋葉の湯【温泉奉行所】

脱衣場は巣箱状脱衣ボックスに
小さな鍵付き貴重品ロッカーが添えられた外湯仕様となっております。
履き物は一番下のスペースへ収めます。

野沢温泉 秋葉の湯【温泉奉行所】

誰も入った形跡のない浴室は結構な温泉湯気が充満しています。
ダメだ、入湯する前から激アツ地獄の釜が予想された。
四角く小さめのタイル貼り湯船アンド浴室内は至ってシンプル。

野沢温泉 秋葉の湯【温泉奉行所】

熱そうな源泉が常に湯船に投入され、
淡い硫黄の香りが辺りを包み込む。
かけ湯しようと桶を湯船に入れた瞬間これまた激アツ温泉ここにあり。

野沢温泉 秋葉の湯【温泉奉行所】

実測温度は49.1度とこのままじゃぁ入れないのですぐに加水します。
程よくなってきたところで湯船に入れば、
軟らかい肌触りの浴感でさっぱりしています。

野沢温泉 秋葉の湯【温泉奉行所】

短時間の入湯ながら激熱温泉なので若干のぼせ気味。
独泉なのでもっとゆっくり湯を楽しみたいが、
この熱さじゃゆっくりできないよ。

新しい発見を探したいがここはこの熱さでは退散せざる終えなかった。
尻尾を巻くように外へ飛び出し冬の冷たい外気浴は、
こんなにも気持ち良い物だと改めて発見したような気持ちに成りました。

次に向かったのは『松葉の湯』です。

野沢温泉で宿をお探しの方、
宿に直接予約するよりもじゃらんnet楽天トラベルを介してする方が
お安く泊まれることが多いですよ。↓
じゃらんnet

野沢温泉ホテル
楽天トラベル
↑空室確認もWeb上で瞬時にわかるすぐれもの
一度お試しあれm(_ _)m


温泉の場所 野沢温泉 秋葉の湯の地図【温泉奉行所】
野沢温泉 秋葉の湯の地図【温泉奉行所】

コメント 激熱ではあるが、源泉かけ流しで存分に湯が愉しめる。
温泉の泉質

源泉名:大釜及び御嶽の混合泉/泉質:アルカリ性単純硫黄泉(低張性‐弱アルカリ性‐高温泉)/源泉温度76度/pH8.5/湧出量-160リットル毎分/成分総計998mg毎kg

適応性 皮膚病、リウマチ、婦人病
営業時間
入浴時間/5:00~23:00(12月~3月 6:00~23:00)
料金
寸志
割引情報
入浴施設
男女別内湯各1
備品等 洗面器

連絡先

〒389-2502
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9687
☎0269-85-3155[野沢温泉観光協会]
アクセス 電車:JR北陸新幹線飯山駅より野沢温泉直通バス利用約25分
車:上信越自動車道豊田飯山ICよりR117・県道419・38号を野沢温泉方面へ約30分
駐車場 なし(近くの村営駐車場利用)
お気に入り度
塩素消毒臭度  012345(かけ流し)
公式HP 野沢温泉観光協会公式HP
温泉情報
入湯日付 2021年3月17日(水)曇り


長野県の温泉へ戻る 温泉奉行所トップへ


Copyright (c)2008-2021 温泉奉行所 All Rights Reserved.