和琴温泉 露天風呂【温泉奉行所】

(わことおんせん ろてんぶろ)



温泉奉行所北海道の温泉>和琴温泉 露天風呂
 

2023年夏、全日本トライアル選手権出場と
カムイワッカ湯の滝を目指す旅の始まりです。
7/9敦賀発苫小牧着の新日本海フェリー『すずらん』へ乗船です。

7/10、20:30苫小牧東港に到着した『すずらん』号から
然別峡温泉『鹿の湯』を目指して夜の北海道をドライブします。
キタキツネよりもたぬきやアライグマの姿をよく見かけます。

初日の宿『ぬかびら源泉郷温泉糠平観光ホテル』を早朝にチェックアウトし、
向かった先は、屈斜路湖畔に佇む和琴温泉『露天風呂』。
ここは和琴半島の付け根にある有名な混浴温泉だ。

和琴温泉 露天風呂【温泉奉行所】

いつでも解放された無料の和琴半島公共駐車場へ車を停めて、
ここからは徒歩にて温泉へと向かいます。
今日も曇りでヒンヤリとした気候はさすが北海道ですね。

和琴温泉 露天風呂【温泉奉行所】

和琴半島にはいくつもの露天風呂や共同浴場、
野天風呂に源泉地など多種多様な温泉が楽しめる。
しかもお財布に優しい無料なのですが、探索するのが大変そう。

和琴温泉 露天風呂【温泉奉行所】

まずは一湯目の混浴の露天風呂へ到着です。
三日月形の岩風呂は何の囲いもなく周辺から丸見え状態。
観光客や散歩の方が訪れて見学されていますが、入湯するのは恥ずかしい。

ということで、和琴半島の温泉群を先に調査してから最後に入湯する計画に変更。
湖畔を中国人観光客をはじめ個人での旅行者や散歩を楽しむ方でにぎわっている。
無事に和琴半島温泉群の調査を終えて…、

和琴温泉 露天風呂【温泉奉行所】

一応、男女別に分かれた木造の脱衣場が設置されているのが唯一の救い。
先客のおじさまがのんびり着替えをされています。
さすがに女性の入泉は厳しい露天風呂です。

和琴温泉 露天風呂【温泉奉行所】

脱衣場内部は超簡素、
椅子のみが置かれたまさに掘っ立て小屋のようである。
人の気配を感じながら脱衣して素早く湯船へと向かいます。

和琴温泉 露天風呂【温泉奉行所】

湯船に入るための石の階段から入湯すれば少し熱めの湯。
湯底は砂利が敷かれ、源泉は砂利下から湧き上がってきているようです。
無色透明の湯からは仄かな油の香りか、硫化水素の香りが鼻をくすぐった。

和琴温泉 露天風呂【温泉奉行所】

袂では20代前半の若い女性が足湯しています。
白く細いおみ足は湯に浸かった部分は真っ赤に染まっています。
その湯の温度は44.4度、女性は気さくに話をしていただきました。

和琴温泉 露天風呂【温泉奉行所】

湯船の端まで行くと、屈斜路湖の水面が目前に迫ります。
湖岸で黄昏る白いカーディガンの女性は東京からの一人旅。
和琴半島『オヤコツ地獄』で出会ってしばらく一緒に湯めぐりしました。

和琴温泉 露天風呂【温泉奉行所】

女性の一人旅、いろんな訳があるのでしょうか?
深くは聞かずにここでお別れし、
和琴半島の秘湯探しも無事に終了しました。

次は、屈斜路湖畔にある混浴露天風呂『池の湯温泉露天風呂 』へ向かいます。

ここまで読んで頂いた皆様にだけお伝えします。
屈斜路湖周辺でお泊りをご検討されている方は
じゃらんnetにおいて無料で空室確認ができる機能がお勧め。

煩わしい電話での問い合わせは気が引けるあなたにお勧め。
宿泊料金もポイントが使えてお安く泊まれるなど
私はいつも確認してから宿泊予約しています。

時には楽天トラベルにおいても格安プランや
高還元ポイントがゲットできるのであわせてチェックしましょう。
じゃらんnet

↑空室確認もWeb上で瞬時にわかるすぐれもの
一度お試しあれm(_ _)m


温泉の場所 和琴温泉 露天風呂の地図【温泉奉行所】
和琴温泉 露天風呂の地図【温泉奉行所】


コメント 屈斜路湖、和琴半島の付け根にある混浴の野天風呂。
温泉の泉質

源泉名:和琴温泉/泉質:単純温泉(低張性-中性-高温泉)/泉温52.5度/pH6.6/成分総計0.726g毎Kg

適応性
営業時間
24時間
料金
無料
入浴施設
混浴野天風呂1
備品等 脱衣場あり

連絡先

〒088-3341 
北海道川上郡弟子屈町屈斜路湖畔和琴
015-484-2835(自然情報は和琴フィールドハウス・4月下旬~10月末)015-483-2335(環境省・阿寒摩周国立公園管理事務所)
アクセス 車:北海道女満別空港から国道243号経由 約55分
公共交通機関:JR摩周駅から阿寒バス和琴半島行きで約35分、終点下車
駐車場 無料あり
携帯電話
Wi-Fi
携帯電話圏内
Wi-Fiなし
お気に入り度
塩素消毒臭度  012345完全かけ流し
公式HP 一般社団法人 摩周湖観光協会公式HP
温泉情報
入湯日付 最終入湯日:2023年7月12日(水)曇り


北海道の温泉へ戻る 温泉奉行所トップへ

  

Copyright (c)2008-2024 温泉奉行所 All Rights Reserved.